教養学環 東京工科大学

首页 > 情感婚姻 > 文章

教養学環  東京工科大学

アクティブラーニング教養教育では、学生の主体性を引き出すアクティブラーニング手法を取り入れています。

プレゼンテーション、ディスカッションなどの能動的学修を多用し、知識の修得にとどまらず、これらのスキルやマナーの向上、さらには問題発見解決力の向上を図っています。

また、アクティブラーニングセンターを設置し、学生の主体的な学修を支援しています。 少人数教育アクティブラーニングをより効率的に行うために、学生同士のディスカッションに加え、積極的な協同学修も必要となります。 そこで教養教育の授業においては、とりわけ外国語科目や社会人基礎科目ではクラスの人数をできるだけ少なくして、学生同士や学生と教員のコミュニケーションを図りやすくし、それによって活発な議論が展開されるように工夫しています。

学修支援を導入専門的知識の獲得や社会人として必要な能力を高めるためには、一定水準の基礎学力が欠かせません。

学修支援センターでは数学や英語などの基礎科目の習熟度に応じて、熟練講師による個別の学修支援を行っています。

また、数学、英語については入学直後のプレースメントテストの結果によりクラス編成を行い、習熟度に応じた教育を行っています。